ニキビのできやすさは遺伝するのか

ニキビ 遺伝


遺伝によってニキビのできやすさは決まるのか


ニキビができる原因は様々ですが、ネット上ではニキビが遺伝してできるという情報もあります。これは正しい情報なのでしょうか。

結論から言うと、ニキビは遺伝することはありません。遺伝病は染色体の異常によって発症する病気であり、先天的なものであり治療が難しいですが、ニキビの場合はそうした先天的に遺伝するものではありません。

ニキビが遺伝情報によって決まるものではありませんが、肌質は遺伝します。

そのためニキビの出来やすい肌質というのは遺伝の影響があります。例えば、親が乾燥肌であれば、子どもも乾燥肌になりやすく、肌が乾燥してニキビができやすくなります。

親がニキビができやすくかったという場合には、気をつけてケアをしていくことが大事です。

親が自分と同じ年齢の時にどういった肌トラブルを抱えていたのか、どうやって対策したのかを聞いてみるのもいいと思います。親が使っている化粧品とかアイテムが肌に合う可能性も高いのでお願いして試してみるのも良いのではないでしょうか。

遺伝以外に親と似た肌トラブルが起きやすくなる要因


ニキビは生活習慣が不規則だったりしてホルモンバランスが乱れることでできやすくなるものなので、遺伝のように先天的なものだけが原因とはいえません。

ストレス、食生活の乱れ、運動不足、睡眠不足などがあるとどんな方でもニキビができやすくなってしまいます。親と生活してると食生活や生活習慣なども似てくるので親の食生活がよくないとニキビができやすくなることもあります。

ニキビはどちらかというと遺伝的な要因というよりは生活習慣に問題があるケースが多いのでまずは生活習慣を改善していきましょう。規則正しい生活をしつつ、保湿や紫外線対策などのスキンケアをしていけば、肌質は改善していきます。

ニキビでは特に保湿が重要になるので保湿成分を含んだ美容液やニキビ用の化粧品を使うなどして十分に保湿しましょう。遺伝だからしょうがないと考えるのではなくて、まずは生活習慣を見直していくようにしましょう。肌に悪そうな習慣はすべて改善していくようにしましょう。

こういう生活習慣は一気に変えようとすると負担も大きく、挫折もしやすくなってしまいますので少しづつ改善していくのが良いと思います。肌質を改善していくには一朝一夕ではできず、数ヶ月かかりますので、あまり根を詰めすぎないことも大事です。

正しいスキンケアと生活習慣をつづけていけば数カ月後には肌質も良くなっていきますので、毎日の積み重ねを大事にして生活をしていきましょう。





コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。