ニキビ跡のスキンケア

【ニキビ跡 直し方】


にきびは多くの方が経験する皮膚の病気ですが、その厄介なところが跡が残りやすいという点です。初期症状の段階でしっかりと体質改善をしたり正しいケアをすることで自然に治ることが多いですが、間違ったケアをしたりすると症状が進行して跡が残りやすくなります。

どういった跡が残るのかについては進行具合や体質などによっても違ってきますが、赤み、シミ、クレーターが残るタイプに分けられます。

赤みとシミが残るタイプについては美白化粧品などによって改善したりすることもあります。美白化粧品にはいろいろな成分がありますが、特にビタミンC誘導体が含まれたものを使うと効果的にケアをすることができます。

普通につかうのもいいですが、イオン導入によって奥まで浸透させるというのも有効です。美容皮膚科でもイオン導入を行っていて高い効果を上げています。普通に肌につけるより何倍も浸透するということで効果が出やすくなっています。1回3000円から1万円くらいとなっていて数回続けるとより効果を実感しやすいです。

クレーター状に陥没してしまうと自力での治療は難しくなります。クリニックによるレーザー治療が必要になったりするので時間と手間がかかってしまいます。表面の表皮だけでなく奥の真皮まで細胞が破壊されてしまうとスキンケアではなかなか改善は難しいといえます。

皮膚の再生医療のようなものもありますが、料金が高額になってしまうこともあるので慎重に検討するようにしましょう。いずれの場合も、治療にはお金や時間もかかりますし、完全に治らない場合もありますので跡を作らないということが大事です。

【アットノン ニキビ跡】


アットノンは傷跡や目立たなくさせることができる医薬品です。これがにきびの跡にいいということでネットなどで注目を集めています。

肌の奥にある皮膚組織の活動を促すことで跡を目立たなくすることができるという薬になっています。ネットの口コミなどを見ると使い続けることで改善するということが多いようです。

凹凸や赤みも目立たなくなるという情報もあるようです。ただ、アットノンの説明書には顔には使用しないでくださいと書いてあるそうです。そのため顔につかう場合には自己責任のもとでつかうということになりそうです。心配な方は皮膚科にの先生に相談するのがいいかもしれませんね。


ニキビ跡が一度できてしまうとケアに時間がかかりますし、なかなか消えずに精神的にツライ思いをしたり、化粧品にもお金がかかってしまいます。ニキビ跡ができてからだと大変なので予防をしっかり行って跡が残らないようにしましょう。

規則正しい生活習慣と十分な睡眠、適度な運動などで肌の状態を良くしてニキビを予防していきましょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。