脂性肌と乾燥肌のニキビ対策

脂性肌と乾燥肌


脂性肌と乾燥肌はまったく別物と考えている方もいるかもしれませんが、実は意外と関連があります。脂性肌というのは皮脂が多い肌ですが、乾燥してるために皮脂が過剰に分泌してるということもあります。つまり、乾燥肌を放置していて皮脂が多く出やすくなって脂性肌になっているということもあります。

肌が乾燥してる状態はマズイということで皮脂が多く出やすくなって、皮脂が多くなっているということなので乾燥肌を改善することが脂性肌の予防につながりやすくなります。脂性肌になっている状態は皮脂があって油分があるから保湿とか乾燥の対策はしなくてもいいと感じてる方も多いようですが、これは間違いです。

油分と水分というのは違うものなので皮脂が多い場合についてもしっかりと保湿を行い乾燥対策をしなければなりません。乾燥してくると肌がゴワついて固くなり毛穴の出口付近も狭くなりやすくなります。毛穴が細くなれば少しの皮脂でも詰まりやすくなって毛穴の奥にアクネ菌が繁殖してニキビができやすくなります。

また、乾燥してしまうと肌のバリア機能が低下しますので紫外線などの影響もうけやすくなり、シミやシワにもなりやすくなってしまいますので乾燥対策の保湿は重要だといえます。

脂性肌、乾燥肌の対策


対策としてはニキビ専用の化粧品を活用するというのも有効です。こういった化粧品には保湿成分がたくさん含まれていますのでニキビのケアをしながら保湿ができます。ニキビ化粧品の多くは洗顔料や美容液、化粧水などがセットになっていて最大限効果を発揮できるように作られているので、肌の状態を改善しやすくなっています。

トライアルセットを用意していることが多いのでこうしたものを実際に試してみるのが一番確実です。肌の状態は十人十色で肌にあうかどうかは実際に使ってみないと分からないのでまずはトライアルセットを試してみるのが良いと思います。

ビーグレンのトライアルセットはニキビケア化粧品のなかでもかなり人気が高いですし、本格的に肌のケアをしたい場合には最適です。3962円が1800円とお得なセットになっていますし、口コミでの評価も高いのであなたの肌にあう可能性も高いはずです。
ニキビ肌修復 サイエンスコスメb.glen



脂性肌 ニキビ 乳液


化粧水で肌に水分を与えて乳液でフタをするというのは昔から言われてるスキンケアの方法です。ただ、最近は必ずしも乳液が必要だということではなくなっています。

乾燥対策には化粧水を水でフタをするのではなくて、保湿成分が重要な役割を担うということがわかってきました。そのため、乳液でなくても美容液などを使うのもいいそうです。セラミド配合の美容液とかは保湿効果が高いのでこういったものを使うようにするといいかもしれませんね。

あとはターンオーバーによってセラミドが作られますのでターンオーバーを促すようなスキンケアというのも有効です。ピーリング化粧品を使ったり酵素洗顔料などを角質のケアをするとターンオーバーを促すことができますのでこういったケアも取り入れるようにしましょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。