ニキビ 思春期

思春期の頃というのは代謝がよくてニキビも出来やすいと言われています。

多くの方が一度は経験したことがあるのではないでしょうか。この頃というのは自分の進路のことや人間関係などいろんなことで悩みやすい時期であるといえますし、ストレスなどもあってニキビができやすくなります。外見が気になる時期でもありますし、ニキビなども深刻な悩みになりやすいといえます。


ニキビができてしまう原因は様々ですが、甘いものの食べ過ぎ、夜更かし、寝具の汚れ、ストレス、無理なダイエットなどが考えられます。まずは自分の生活習慣を振り返ってみてこういった生活をしていないか見直してみましょう。

10代の頃は皮脂が過剰にでやすくなっていますので、常に清潔にするということを心がけましょう。汗がでたらこまめに拭いたり、皮脂がでるようであればあぶらとり紙などを使って取り除くようにしましょう。皮脂をほっておくと酸化し黒ずんできてニキビにもなりやすくなるので清潔にするということを意識して生活しましょう。


あとはニキビができたら気にし過ぎないということも大事です。気になるからといって潰したり、触ったりすると雑菌がはいって余計に悪化することもあります。潰すことで跡に残ってしまうこともありますのでとにかく触らないことです。

こういった思春期のニキビは一時的なもので生活習慣を改善することで自然に良くなることがほとんどです。あまり気にし過ぎるとそれがストレスになって余計に肌の状態などを悪化させますので神経質になりすぎないようにしましょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。