なぜニキビができるのか?スキンケアのポイントは?




なぜニキビが出来る?


どうしてにきびが出来るのかということについては年齢や体質などによっても異なります。思春期の頃は代謝がよくて皮脂の分泌なことからにきびができやすく、大人にきびはホルモンバランスの影響が大きいといわれています。

にきびが出来る簡単な流れは次のように説明することができます。

肌の何らかの原因で毛穴の出口の角層が固くなる(角質肥厚)

毛穴に汚れや皮脂が詰まる(白にきび)

その皮脂などを栄養としてアクネ菌が増殖

アクネ菌が炎症を引き起こす(赤にきび)

白血球の一種がアクネ菌を攻撃

アクネ菌と白血球の一種の死骸が膿としてあらわれる(黄にきび)


どこまで進行するのかは体質や個人差により変わりますが、重症化するほどにきびの跡が残ってしまう可能性も高まります。肌の乾燥、ストレスによるバリア機能の低下、洗顔の際にゴシゴシと洗いすぎて肌に刺激を与えすぎるなどの要因で毛穴の出口の角層が固くなりやすいですが、これについては医学的に分かっていない部分も多いです。

いずれにせよ生活習慣が不規則であるとにきびになってしまう可能性が高くなります。ストレス、睡眠不足、食生活の偏り、お酒、タバコ、運動不足など一般的に身体に悪いと言われてる生活をしてる場合にはこういった生活を改めるようにするということが大事です。

にきびは肌の病気なのでスキンケアが大事になるのも当然ですが、身体の健康も重要です。にきび用の高価な化粧品などをつかっても体質が悪化してるとうまく肌に有効な成分が浸透しにくかったりして効果が半減してしまいます。まずは生活習慣の改善をしっかりと行うようにしましょう。

生活を改善してもなかなか良くならない場合には皮膚科に相談するのも有効です。飲み薬や塗り薬などを処方してくれますのでそういったものを活用しながら治療を進めるようにしましょう。

ニキビが出来てしまったことにストレスを感じてるとそれが体質の悪化を招くということもありますので注意しましょう。ほかにも漢方薬を飲んだり、いろいろとできることはあると思いますので、自分ができそうなことを少しづつでもとりいれていくようにしましょう。

大人ニキビのスキンケアのポイント


思春期の肌トラブルで一般的なにきびですが、最近では大人になってこの病気に悩む方は増えています。原因としては、メイクの低年齢化やストレス、不規則な生活によるホルモンバランスの乱れなどが影響しています。

思春期のにきびの場合には、皮脂の過剰な分泌で起こることが多く、男性のほうが重症化するケースが多いですが、大人にきびの場合には、女性のほうが重症化することが多いと言われています。

女性の場合はホルモンバランスが乱れやすいため、にきびになりやすいです。生理前になると黄体ホルモンというのが分泌されてこのホルモンが皮脂の分泌を促すので、これによって皮脂が毛穴に詰まりやすくなりにきびができやすくなります。

この時に不規則な生活をしていたりして体調が悪化してると余計にこの黄体ホルモンの影響が大きくなってしまいますので注意が必要です。

大人にきびの特徴としては、治りにくいというのもあります。生活習慣や生活環境の影響によってにきびが出来ることも多いのでまずは生活習慣を見直して体質改善をすることが大事です。

体質改善をしないで化粧品を高価なものにしたりしても効果は半減してしまうのでまずは肌質を良くしてからスキンケアの方法を見なおすようにしましょう。

大人ニキビ ポイント


スキンケアのポイントとしては洗顔が重要です。顔について汚れやほこりなどをきれいにすることはにきびの予防や改善するうえで欠かすことができません。大気中には車の排気ガスやタバコの煙、ほこり、汚染物質など様々なものあってこれが顔に付着することになります。

さらに皮脂や汗などもまじります。これを放置してしまうとさらに雑菌が繁殖してしまったり、酸化するなどでして肌の状態をどんどん悪化させてしまいますのでしっかりと洗顔して清潔にする必要があります。

洗顔の方法


洗顔のポイントはあまりゴシゴシと洗い過ぎないということです。汚れが気になってついつい強くこすってしまうという方もいますが、これをしてしまうと肌の潤い成分も一緒に流れてしまったり、肌に刺激が強いので逆効果になってしまいます。基本は洗顔料をしっかりと泡立てた、泡を使って汚れを除去するようにします。

泡によって汚れを浮き上がらせることができるので、摩擦で強く洗う必要はありません。泡で優しく洗うようにしましょう。洗うときには最初に皮脂の分泌が多いおでこと鼻Tゾーンに泡をのせて次に頬やあごなどのUゾーンに泡をのせて汚れをなじませるようにしましょう。

その後、ぬるま湯で丁寧に洗い流していきます。泡は洗顔料なのであまり肌に長時間おいておくのはよくないので洗顔は1分から1分半くらいで終わらせるようにしましょう。

乾燥対策


洗顔のあとは保湿もしっかりと行うようにしましょう。乾燥してしまうとにきびもできやすくなってしまいますので、セラミド美容液などをつかって保湿をするのがいいと思います。

乾燥によって肌のバリア機能が低下すると紫外線の影響も受けやすくなり、シミやシワなどにもなりやすくなってしまいますのでしっかりと対策をしておくようにしたいですね。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。