混合肌のニキビの治し方

混合肌 ニキビ スキンケア


ゾーンごとに肌質が違ってきますのでメリハリを付けてケアをするということが大事です。

額と鼻筋のTゾーンは皮脂が分泌しやすく毛穴も詰まりやすいので洗顔をしっかりと行うことが重要。皮脂が過剰に分泌する場合にはあぶらとり紙などで拭うということも有効です。皮脂を放置しておくと酸化して黒ずんでしまうこともありますので注意しましょう。

洗顔は大事ですが、あまりゴシゴシと洗うのはよくありません。ゴシゴシと摩擦で洗おうとすると肌への刺激が強くなって余計に状態が悪化しやすくなるので注意しましょう。洗顔のときは、洗顔料を泡立てた洗うようにします。泡によって汚れがうきあがるので強くこする必要はありません。肌に刺激を与え過ぎないようにやさしく洗うようにしましょう。

混合肌 ニキビ ゾーン 乾燥


頬から顎のUゾーンの部分については、皮脂の分泌は少ないですが、毛穴が小さく汚れや皮脂で詰まりやすいという特徴があります。混合肌の原因は基本的には角質層の乾燥がもとになっています。乾燥して皮脂が過剰に分泌することで一部では脂性肌になり、そのほかの部分は乾燥したままで乾燥肌になります。化粧品を選ぶポイントとしてはUゾーンを基準にして選ぶようにすると自分にあった化粧品を選びやすくなります。

Uゾーンは乾燥しやすいので潤い成分や保湿成分が含まれたものをつかうようにすると効果的にケアできます。乾燥には保湿成分を補充することが有効ですが、とくにセラミドをうまく活用するのがオススメです。セラミドは肌の水分を保持することで乾燥を防いでくれます。

化粧水を外からつけることで乾燥対策になると考えてる方もいますが、これはあまり効果がありません。水分を外からつけても蒸発してしまいあまり有効ではありません。身体の内部の水分をそとに逃さないようにする成分を補充するということがだいじになります。

セラミドは、水分をはさみこむことで肌の水分が蒸発することを防いでくれます。セラミドはターンオーバーによって生産されますが、加齢によってターンオーバーに遅れがでるとセラミドは不足しがちになります。そこで美容液などによって補うということが大事です。

こちら↓のNOVはセラミドなどの有効な保湿成分が含まれていますのでこういったものを試してみてはいかがでしょうか。
ニキビ対策スキンケア!1週間トライアル【nov/ノブ】(定額)

混合肌 ニキビ 洗顔料

ニキビ 洗顔料


ニキビと洗顔の関係は密接で、洗顔の仕方が悪いとニキビができやすくなってしまいます。洗顔が不十分だとニキビになりやすくなるのは当然ですが、洗顔をしすぎた場合もニキビができやすくなります。洗浄力が強い洗顔料でゴシゴシと洗ってしまうと肌の表面の潤い成分が落ちてしまい乾燥しやすくなってしまいます。

肌が乾燥すると角質肥厚という肌の角質が厚くなり毛穴が詰まりやすくなって、ニキビができやすくなります。乾燥することで皮脂も過剰に分泌しやすくなるので注意が必要です。

ニキビに効果的な洗顔料


いろんなタイプの洗顔料があってどれがいいのか迷ってしまう方もいると思いますが、基本的にはあまりこだわらずに固形タイプの石鹸がいいと思います。シンプルな固形せっけんは余計な成分も含まずに洗浄力もあるので汚れもしっかりと落とすことができますし、肌への負担も少ないです。

しっとりタイプの洗顔フォームは油分を含んでいるので油膜がはったような感じになり、その後に使う化粧品の浸透を妨げてしまう可能性もあります。

美白成分が含まれてる洗顔料もありますが、そういったものも結局はすすぎの時に流れてしまうのであまり意味はありません。洗顔料は少なからず肌への負担がありますので洗顔にはあまり時間をかけすぎずに1分から1分半くらいで終わらせるようにしましょう。先に皮脂が多いTゾーンに洗顔料をのせて、その後にUゾーンなどほかの部分を洗ったほうがいいです。

1日に何度も洗顔料を付けて洗顔すると肌への負担が大きくなってしまうので1日1度夜に洗顔したら、朝はぬるま湯での洗顔でも大丈夫です。ただ、人によっては朝も油分や皮脂が多ければ洗顔料を使った方がいいので肌の様子をみて判断しましょう。洗いすぎは乾燥をまねくので気をつけましょう。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。