ストレスが原因でニキビができる?対策は?

ニキビ ストレス


ストレスが原因で顔ニキビが悪化?



ニキビができるのはストレスの影響も大きいと言われています。社会人になってすぐににきびができたり、環境が変わることでにきびができるのもストレスが原因になってることも多いです。

また、普段なにげなく過ごしていてストレスを感じていない方もいるかもしれませんが、自分は大丈夫と思っていても実際は知らないうちに少しづつストレスが蓄積していて肌トラブルになる場合もあります。

ストレスによって体内に活性酸素が発生することで肌の老化を促し、機能が低下することでにきびができやすい肌になってしまいます。

ストレスでニキビが悪化してそれがまたストレスになり、自律神経が乱れて、睡眠の質が悪くなるなど悪循環になりやすいです。意識的に気分転換をしてストレスを溜め込まないようにしましょう。

ニキビを予防、改善するためのストレス解消法



日常的に身体を動かして運動をすることで自律神経が安定し、ストレスの解消になります。ウォーキングなどをすると適度な疲労もあって睡眠の質も上がりやすくなるのでオススメです。

忙しいかたは毎日ウォーキングするのも大変だと思いますので、数日に1度20分位歩くだけでもいいと思います。体型の維持やダイエットにもウォーキングは効果的ですし、血行がよくなったりして美肌への近道になるはずです。

万歩計とかを買って自分がどれだけ歩いたのかを毎日記録するのも良いかもしれませんね。客観的にどれくらい歩いているのか確認することで成長を感じることができますし、継続しやすくなると思います。

他にはアロマなどもいいかもしれません。香りには気分を落ち着かせる効果などがありますし、睡眠の質も上がったりして肌もきれいになりやすいです。ほかにもぼーっとする時間を作ったり、リラックスできるように間接照明とかインテリアも工夫してみると良いかもしれませんね。

ストレスがあると寝付きが悪くなって布団に入ってから30分とか1時間くらい眠れないということもありますのでこういうことが続く場合にはアロマを取り入れてリラックスして眠りにつくようにするといいかもしれません。

不安や気になることがあっていろんな考えが頭に浮かんで寝れないという場合には、ノートを用意してそこに気になることを書いてみる方法もいいと思います。これをすることで頭が整理されますし、ノートに書いたことで記憶しなくていいと脳が判断してスッキリした気分で寝やすくなるはずです。

ストレスが原因でニキビができる場所はどこ?



にきびのできる場所によって原因が分かるといわれています。ストレスが原因でできやすいと言われてる部分は、口元、あご、首、胸などです。

ストレスがたまるとアンドロゲンという男性ホルモンが増えて、男子の髭の生える部分などにもニキビができやすくなると言われています。このホルモンによって皮脂の分泌が多くなるので皮脂が詰まりやすいおでこや鼻などにもできやすくなります。

このあたりに繰り返しにきびができるようでしたら、ストレスが影響してる可能性が高いので気をつけましょう。ストレスの原因をなくすことができればいいのですが、それもなかなか難しいと思いますので、ストレスを適度に発散して溜め込まないようにしましょう。

ストレスがあると自覚している方のなかにはそのストレスを周囲にぶつけてる人もいますが、これはよくありません。他人に迷惑をかけてると本当の意味でのストレスの解消にはならず、逆にストレスがたまっていきます。心のなかで自己嫌悪に陥ったりして精神衛生上よくありません。

仕事の合間に深呼吸をしたり、かるいストレッチをするだけでも違ってくると思います。意識的に身体を動かそうとすればいろいろなことができますので少しづつストレスを解消するテクニックなどを身につけていくようにしましょう。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。