ニキビができてしまう原因

ニキビ 原因 大人


にきびは思春期に多い皮膚の病気ですが、最近では大人になってこのにきびに悩まされてるという方も増えています。以前は大人になってできたにきびを吹き出物とよんでましたが、最近では大人にきびといわれることが多いです。

原因としては、ストレスやメイクの低年齢化、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなどが指摘されています。生活習慣が不規則であったり、健康状態が悪化していたりすると肌の免疫が低下してにきびができやすくなります。にきびができるまでのかんたんなメカニズムとしては、次のようになっています。

・なんらかの原因で毛穴の出口付近の角質が厚くなる(角質肥厚)

・毛穴に皮脂や汗などが詰まりやすくなる

・その毛穴に詰まった皮脂などを栄養素としてにきびのもとになる
アクネ菌が繁殖して炎症を引き起こす

・炎症がさらに悪化すると膿をもつようになる(黄色にきび)


男 ニキビ 原因


男性の場合には女性よりも皮脂の分泌が過剰になりやすいです。そのために毛穴に皮脂や汚れが詰まりやすく、それによってにきびができやすくなります。ほかにも睡眠不足やストレスなどで肌の免疫などが低下することでできやすくなるということもあります。

生活習慣が大きな原因になってることが多いのでまずは自分の生活習慣を見直すということが大事です。ストレス、睡眠不足、運動不足、偏食、喫煙、過度な飲酒などがあると皮膚の状態が悪化しやすくにきびもできやすくなりますので注意しましょう。

頬 にきび 原因


部位によってもできる原因というのは違ってきます。頬の場合には寝具が不衛生であるためにできてしまうということもあります。枕が雑菌などで汚れてるとその雑菌が顔について毛穴に詰まりにきびをできやすくします。枕カバーを頻繁に洗ったり、常に清潔なものを使うようにするというのも大事です。

あとは肌の乾燥が原因になってるということもあります。頬は乾燥しやすい部分なので保湿をしっかりと行うようにしましょう。肌が乾燥するとバリア機能が低下して紫外線の影響を受けやすくなったりしてにきび以外の肌のトラブルも引き起こしやすくなります。セラミド配合の美容液などでしっかりと保湿を行っていくようにしましょう。

にきび専用の化粧品などは保湿成分もしっかりと含まれてるものが多いのでこういった化粧品を使ってみるのも有効です。ビーグレンなどは特に保湿をしっかりとできるのでこういったものを試してみてはいかがでしょうか。
↓   ↓   ↓


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。