ニキビは肌が乾燥してるとできやすい?

ニキビ 乾燥肌


乾燥肌とニキビの関連



夏をすぎて秋冬になってくると肌が乾燥する方は多いのではないでしょうか。カサカサして痛くなることが多いですし、乾燥肌に悩む方も多いはずです。この肌の乾燥はニキビもできやすくします。ニキビは皮脂が過剰にでることでできると思ってる方もいますが、それ以外にも肌の乾燥もニキビをできやすくする原因です。

肌の水分量が減少して乾燥してると角質が固くなり、表面がゴワついて毛穴の出入り口がふさがりやすくなって、毛穴の奥でアクネ菌が繁殖し、ニキビができやすくなります。肌の乾燥がニキビの原因となる皮脂の過剰分泌を促すこともあります。肌が乾燥してると肌を潤わせるために皮脂が過剰に分泌しやすくなります。こうして皮脂が過剰に分泌することで毛穴に詰まりやすくなり、ニキビができやすくなります。

乾燥肌になるとニキビ以外の肌トラブルも引き起こしやすくします。肌のバリア機能が低下して、紫外線のダメージも受けやすくなり、その影響でシミとかシワをできやすくします。ニキビだけでなく、シミやシワなどの対策としてもしっかりと乾燥対策をしていくことが大事です。

乾燥肌の方のニキビ対策


効果的な乾燥対策としてはセラミド美容液などを使って保湿をするのが有効です。保湿成分がいろいろとありますが、なかでもセラミドは高い保湿効果をもってる成分で即効性もあるので効果的に乾燥肌の改善を行えます。

セラミドは原料が高く、化粧品も効果になりやすいというデメリットがありますが、下手に高い化粧品を使うよりは費用対効果が高いです。ラミューテという化粧品はセラミドやナノ保湿成分が含まれていて高い保湿効果がある化粧品なのでこういった化粧品を使うのも有効です。


肌の水分量を保つことが大事になってきますのでこうした保湿成分を含んだ化粧品を使っていきましょう。あとは肌のターンオーバーを促進することも有効な乾燥対策になりますのでピーリング化粧品などを活用するのも有効です。

ピーリングによって古い角質を除去することで新しい代謝の良い肌に生まれ変わり、肌の水分量を増やすことができます。ピーリング洗顔料や化粧品は肌への負担が強いので頻繁に使いすぎるのもよくありません。肌の状態をたしかめつつ適度に間隔をあけて使っていきましょう。

ほかには紫外線を多く浴びると肌も乾燥しやすくなるので紫外線対策は年間を通して行うようにしましょう。保湿と紫外線対策を万全におこないニキビができにくい肌を目指しましょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。