ダニが原因でニキビができる?対策は?

ニキビ ダニ


ニキビの原因になるダニ



ニキビになってしまう原因は複数ありますが、顔ダニが原因でニキビができることもあります。

顔ダニはあまり聞いたことがない方がいるかもしれませんが、その名の通り、人の顔に生息してるダニです。人間の顔に非常に小さいダニが存在しています。

顔にダニがいるのは気持ち悪いと感じる方も多いと思いますが、このダニ自体は赤ちゃんを除いてほとんどの人に寄生しています。

顔に寄生していて古い角質や皮脂を食べてくれたりするので肌の状態を正常にするのに役立っています。もし、すべての顔ダニがいなくなると皮脂が増えて余計に肌の状態が悪くなると言われています。たしかにネット上で画像検索したりすると気持ち悪いダニの画像がでてきて気分が悪くなりますが、とくに悪さをするものではないですし、神経質になりすぎないようにしましょう。

通常であれば問題にならないダニですが、数が多くなることでニキビの原因になることがあります。免疫の低下や洗顔が不十分であると異常に繁殖してしまいます。その結果、ダニの死骸や老廃物が毛穴に詰まりやすくなります。そうすると毛穴の奥でアクネ菌の餌になり、アクネ菌が増殖しやすくなり、ニキビができやすくなるといわれています。

ニキビにならないためのダニ対策


顔ダニを異常に増やさないためには皮脂のコントロールが大事です。皮脂が過剰にでてるとそれだけ餌が多いということなので異常に繁殖しやすくなります。

・生活習慣を改善して皮脂をコントロールする
皮脂の過剰分泌は生活習慣に大きな関わりがあります。食事が偏っていて、油っこい食事や甘いお菓子やスナック菓子を食べ過ぎたり、カロリーオーバーの食事をしてると皮脂が過剰にでやすくなり、顔ダニも増えやすくなります。

まずは、毎日の食生活が問題ないか振り返ってみましょう。いかがでしょうか?ついつい偏食してしまったり、チョコやお菓子などの甘いもの、油っこいラーメンやインスタント食品を食べてしまったという方が多いのではないでしょうか。食生活の偏りは血行不良を起こしますし、肌の状態にも健康によくないので気をつけましょう。

ほかにもストレスや睡眠不足、運動不足などもあると皮脂が過剰に出やすくなるので注意が必要です。寝不足は特に美肌の大敵なので注意が必要です。寝る前にスマホとかテレビなどを刺激を避けるようにして照明を落とすと睡眠の質も上がります。睡眠中に成長ホルモンが分泌されて肌が修復されていますので十分な睡眠時間を確保して、質のいい眠りを心がけましょう。

・洗顔を適切に行う
洗顔が不十分な場合も顔ダニが異常繁殖しやすくなります。朝と晩にしっかり洗顔していれば異常繁殖することはないので毎日の洗顔を怠らないようにしましょう。ただ、朝は洗顔料をつけると洗いすぎで肌が乾燥してしまい、皮脂が多く出やすくなるということもありますので水洗いだけでも大丈夫です。

洗顔の際にすすぎが不十分で洗顔料が残ってる場合も顔ダニを増殖しやすくする原因になるのでしっかりとすすぎましょう。洗顔後は保湿もしっかりしておきましょう。保湿をすることで皮脂の過剰な分泌を抑えることができますし、ダニの増殖を防ぐことができます。

・皮膚科を受診して薬をもらう
上で紹介した生活習慣と洗顔を適切に行えばよくなりますが、もっと早く良くなりたい、肌の状態が気になるという方は皮膚科を受診して薬をもらうのも有効です。外用薬と内服薬を使用することで治りが早くなります。

・顔ダニ用の石鹸を使用する
通常の石鹸のほかに顔ダニに効果的な殺菌作用が高い石鹸もあります。多くの方は1週間くらいで効果を実感する方が多いです。顔ダニが気持ち悪いからといって殲滅させようとかなり強い石鹸を使いたいと考えるかたもいるようですが、こういうのは逆効果になる可能性が高いので気をつけましょう。規則正しく生活習慣、正しい洗顔、スキンケアをしていけばダニが増殖することもないですし、専用の石鹸に頼る必要もないと思います。

顔にダニがいるということで心理的な抵抗があって気になるという方もいるかもしれませんが、あんまり気にしすぎてもしょうがないので神経質になりすぎないようにしましょう。テレビにでているような美肌の女優さんやモデルさんの顔にも普通に顔ダニは存在するものなので気にし過ぎないで良いと思います。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。