ニキビ跡の対策と治療方法




ニキビ跡 直し方


思春期の頃ににきびを経験したという方は多いと思いますが、思春期の場合には間違ったケアの方法をしなければすぐに治ることも多いです。若い頃は代謝もよくて治りも早い場合が多いですが、大人にきびになると代謝も落ちていて重症化した場合に跡が残りやすくなります。

一般的には肌の固い男性のほうが跡に残りやすいですが、大人にきびは女性が重症化することが多く、重症化することで跡にも残りやすくなるので女性も注意が必要です。また跡が残ってしまうと治すのに時間がかかります。状態にもよりますが、ずっと残ってしまうこともあります。

跡が残ってしまうと鏡を見るたびに落ち込んで嫌な気分になりますし、そうなるとなかなか自分に自信を持って活動することができなくなってしまいますよね。美容皮膚科でケアをすれば改善するケースもありますが、お金や時間もかかりますので負担も大きくなってしまいます。そう考えると跡を作らない、ひどくしないというのが大事です。

ニキビ跡 方法


にきび跡にはいくつか種類がありますが、赤みやシミが残るケースというのは自力でのスキンケアでも治る場合が多いです。ただ、クレーター状に陥没してぶつぶつになってしまった場合には自力で治すことは難しく皮膚科でピーリングをしたり、レーザーによって治療が必要になることが多いです。

肌の表面の表皮だけでなく奥の真皮まで破壊されてしまうと化粧品などでは改善はむずかしいといわれています。奥の細胞まで破壊されてしまうとなかなか再生は難しいというわけです。

肌の奥まで陥没してしまった場合、再生医療などいろんな方法があります。ただ、この方法も最新技術なのでできるクリニックが限られてきます。

クレーター状になってしまうとケアが難しく時間もかかりますのでとにかくにきび跡にしないということが大事です。にきびはいくつかの段階を経て進行していきますが、炎症が起こる赤にきびの段階まで進行すると跡が残りやすくなります。

さらにそこから膿ができる黄にきびになってくるとさらに跡が残る可能性が高くなります。こういった状態になると潰してしまったときにも跡が残りやすくなるので慎重にケアをする必要があります。


ニキビ跡 生活習慣


にきびができたら早めのケアをして跡を残さないように注意しましょう。ある程度進行してしまうとできることは限られてきます。生活習慣の改善によって体質を改善して肌の免疫や修復能力を高めることが大事です。

ストレス、睡眠、運動、食事など生活習慣を見直して体調を整えましょう。喫煙や過度な飲酒もよくないので控えましょう。とにかく肌や健康に悪そうな習慣をやめることが大事です。いきなり生活習慣を変えるというのは大変だと思いますので、少しづつ変えていきましょう。

ニキビができてしまった場合にストレスを感じると思いますが、この場合もあんまり深く気にし過ぎないことも大事です。

気にしすぎるとついつい触ってしまって悪化させたり、ストレスで自律神経を乱したり、ホルモンバランスが乱れやすくなります。そうなると自然治癒力も落ちてなかなか治らなくなってしまうのであんまり気にし過ぎないことも大事です。

ほかには保湿をしっかりと行ったり、寝具を清潔にするのも大事です。枕などが汚れてるとそこから雑菌がついて不衛生になり、にきびができやすくなることもあるので気をつけるようにしましょう。寝具も清潔にして雑菌が肌につかないように部屋もキレイにしておきましょう。

肌の乾燥もニキビをできやすくしますので保湿を十分に行って潤いのおる肌をキープすることが大事です。紫外線対策も怠らずに肌の乾燥を防ぎましょう。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。