赤ニキビ、白ニキビを治すためのポイント




ニキビ 赤ニキビ


ニキビも症状などによって段階があり、赤ニキビは、白ニキビや黒ニキビが悪化したものとなっています。アクネ菌などの影響によって炎症が発生していますので、アクネ菌をしっかりと抑えることが赤ニキビを治すうえで必要になってきます。

油分の多い化粧品はアクネ菌を繁殖しやすくさせますので避けるようにしたほうがいいといえます。また、肌が乾燥するとニキビができやすくなるので保湿美容液などでしっかりと肌の水分を保つことも重要です。

体質改善や肌質改善によって治ることもありますが、あまりにも状態が芳しくない場合には、皮膚科などに相談するのがいいといえます。飲み薬や塗り薬を処方してくれることもあるのでそういったものを利用しつつ、基本的な生活を見直し、肌質、体質を改善していくようにしましょう。

根本的にニキビになりにくくする上では漢方も有効なようです。こちらも病院で相談してみるのもいいかと思います。

白ニキビ


ニキビにはいくつかの段階により呼び名が異なってきますが、白ニキビはニキビの初期段階ものであり、比較的治りやすいニキビとなっています。

適度な洗顔により毛穴の汚れを除去し、皮脂の過剰分泌を抑えるために食生活や基本的な生活を改善することによっても十分であることも多くなっています。

早く治したという気持ちから白ニキビをつぶそうとする人もいるようですが、これはよりニキビが悪化する可能性がありますのでやめておきましょう。特に代謝の落ちた大人がやるとニキビ跡も残りやすくなってしまいます。

どうしてもすぐにキレイにしたいので潰したい場合にはコメドプッシャーというニキビを潰す器具がありますのでこうしたものを使いましょう。爪や指で潰そうとすると雑菌が入ってしまいニキビが悪化する原因となってしまいます。

ニキビ 頬


大人になるとニキビは頬にもできやすくなります。思春期には新陳代謝も活発で汗をかくことも多く、おでこによく皮脂がたまりニキビができやすくなります。大人になってくると汗の量も減り、ほかの要因でニキビができやすくなります。

オフィスなどの空調による乾燥やストレス、ホルモンバランスの乱れなどが積み重なることによって頬にニキビができてきてしまいます。治すためには生活習慣の改善による肌質、体質の改善も必要になってきます。スキンケアについては保湿が重要になってきます。乾燥するとニキビができやすくなりますので注意しましょう。

おでこから額、鼻にかけてTゾーンと呼ばれる部分も皮脂の過剰分泌がおこりやすくニキビもできやすい部分となっています。この部分を治すためには皮脂の過剰分泌を抑えるようにするのが大切になってきます。

また、食生活や基本的な生活習慣の乱れによるホルモンバランス乱れも原因になってますので、基本的な生活習慣に問題がないか見直してみるようにしましょう。便秘になるとニキビも悪化しやすいので、食物繊維などもしっかりととるようにしましょう。

大人ニキビ 治す


大人のニキビというのは治りにくいと言われています。大人ニキビができる原因が複数の要因によるので原因を取り除くのも難しくなります。

また、日常生活の積み重ねによってニキビというのはできますので、時間をかけてできる分、治療についても時間がかかるということです。原因を特定するのが容易ではないので、とりあえず、一般的に肌に悪いといわれる習慣についてはしっかりと改善していくようにしましょう。

肌質や体質、生活習慣を変えることによってよくなることも多いようなので
しっかりと基本的な生活を見直すようにするのが大事だといえます。


ニキビ 生活習慣


睡眠不足や運動不足、偏った食事、過大なストレスなどが複合的にかかわっているとされています。思春期の場合には、もともと代謝がよく皮脂が過剰に分泌されやすいですが、上のような要因があるとさらに皮脂の過剰分泌が促進されてしまいます。

思春期の頃は代謝もいいのでニキビができてもすぐに治ることが多いですが、おとなになったからのニキビは治りにくく長期化、重症化しやすいです。原因を排除して、適切な治療を行っていく必要があります。

基本的な生活習慣の改善とこまめな洗顔などをしてもよくならない場合には、
皮膚科に行くのが最適な方法かと思います。市販のニキビに効く化粧水などもいいかと思いますが、自分の肌に合う合わないもありますので一度、専門家の方に相談してみるのがいいのではないでしょうか。





コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。