黄色ニキビ

黄色ニキビとは



ニキビはいろんな種類があり、重症化すると呼び名が変わってきます。初期段階が白ニキビ、そこから炎症を引き起こしたのが赤ニキビ、さらに悪化して膿ができると黄にきびといわれる状態になります。

炎症をおこす原因となるアクネ菌とそれを排除するための白血球がたたかいそれらの死骸が膿となってあらわれます。この状態まで進行してしまうと肌の表面だけでなく、奥の真皮まで細胞が破壊されるなどしてダメージを負います。黄色ニキビは跡にも残りやすいので早めに手を打たないといけません。


黄色ニキビ 潰す


ニキビは基本的には触らない、潰さないことが大事です。むやみに触ったりしていると雑菌が入って余計に悪化する可能性があります。膿ができている黄ニキビの状態で潰してしまうとニキビ跡ができる可能性が高いです。

肌の奥までダメージがあるとニキビ跡のなかでも特に治しづらい陥没した跡ができてしまう可能性が高くなります。陥没した跡が残ると自力で治すのが難しくずっと残ってしまう可能性があるので黄ニキビを潰すのは厳禁です。

ただ、一部の皮膚科医の中には潰すことで早く治るという意見もあります。このへんは専門家のなかでも意見が別れています。しかし、潰さないほうがいいと考える皮膚科医が多いのでリスクを避けるためにも自分で潰すのはやめたほうがいいです。

黄色ニキビ 治し方


下手にいじると余計に悪化することも多いので、生活習慣の改善やスキンケアの見直しによって体調を整えて肌の免疫を向上させるなどしてこれ以上悪化させないことが大事です。

洗顔や化粧品は刺激がすくないものを選び、肌に負担をかけないように気をつけましょう。ほかには食生活の見直して、ストレス、睡眠、運動不足など生活習慣を見直して健康に悪そうなことはすべてやめましょう。間食、無理なダイエット、タバコなどもやめて健康的な生活を心がけましょう。

確実な治療方法は皮膚科に行くことです。炎症を抑える薬や抗生物質、ビタミン剤など症状にあった薬を処方して適切な治療をしてくれます。ニキビは肌の状態が悪いとどんどん新しいのができてひどくなりやすいので早めの治療が大事です。漢方薬などを活用するのも有効なので皮膚科に相談してみましょう。

黄色にきびまで進行してしまうと跡が残ってしまう可能性も高くなりますので予防をしっかりとしていきましょう。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。