40代でもニキビはできる?ケアの方法は?




40代 ニキビ 方法 原因


年齢を重ねることによっても肌トラブルは起こりやすくなります。若い時よりも代謝が悪くなり、ターンオーバーに遅れがでることで古い角質が残りやすくなります。そうなると毛穴が詰まりやすくなってにきびができやすくなります。

ほかにも保湿成分のセラミドはターンオーバーともに作られますが、ターンオーバーが遅れることでこのセラミドの生産も低下していき乾燥しやすくなります。乾燥することによって肌のバリア機能が低下していき紫外線などの影響を受けやすくなったりして肌トラブルを引き起こしやすくなります。ほかにはホルモンバランスの影響というのもあります。

40代 ニキビ 方法 ホルモンバランス


40代になってくるとホルモンバランスが乱れやすくなります。45歳くらいから更年期が始まることが多く、この更年期になるとホルモンのバランスが乱れやすくなります。更年期ではなくても30代の後半から女性ホルモンは減少していきます。このホルモンの減少によって肌のトラブルを引き起こしやすくなります。

ホルモン剤による治療の方法もありますが、こうした方法には副作用などのリスクもありますので注意が必要です。ホルモンはごく微量で身体に大きな変化をもたらします。一生涯をかけてスプーン2杯分くらいしか分泌されないともいわれていて、わずかな量でも影響が大きいです。あまり安易にホルモン剤による治療には取り組まないほうがいいと言われています。

ストレス、睡眠不足、運動不足、食生活の乱れなど基本的な生活習慣が原因でさらに悪化するということもありますので気をつけましょう。ストレスは体内に活性酸素を発生させてさらに老化を促進していきますので肌トラブルを引き起こしやすくなります。

睡眠時間をしっかりと確保したり、食生活をバランス良くすることも大事です。あとは血行を良くするのも効果的です。栄養が全身に届きやすくなり、むくみなども解消して肌トラブルも防ぎやすくなります。

女性ホルモンの減少は避けられませんが、その影響を抑えるためにも生活習慣を見直して規則正しい生活をおくりましょう。40代以降は生活習慣の悪化は様々な病気を引き起こしやすくなりますので生活習慣を見直して規則正しい生活をおくるようにしたいですね。

40代 ニキビ 方法 大人


スキンケアという点では、とくに乾燥対策が重要です。乾燥対策としては保湿成分を含んだ美容液などを活用するのがオススメです。とくにセラミドが配合された美容液などは効果が実感しやすいのでオススメです。

またセラミドはターンオーバーによって作られますのでターンオーバーを促進することも重要です。ピーリング化粧品や酵素洗顔料などを使うことで古い角質を除去してターンオーバーを促すことができますので日頃のスキンケアにこういった方法を取り入れるのも有効です。酵素洗顔料は刺激が強いものも多いですが、アルファピニという化粧品は敏感肌の方でも安心して使うことができるのでこうしたものを試してみてはいかがでしょうか。
↓ ↓ ↓




過剰な洗顔がニキビの原因に


ニキビができてしまうといろいろと気になってしまいますよね。スキンケアを怠っていたからだと感じで過剰に洗顔したり、スキンケアをしてしまう方もいると思います。しかし、こうした過剰な洗顔がニキビの原因となってしまうこともあります。

ゴシゴシと洗いすぎてると肌の潤い成分もいっしょに流してしまい肌が乾燥してにきびになってしまうということもあるようです。肌の表面には潤い成分がありますが、洗浄力の強い洗顔料で洗いすぎるとこの潤い成分が流れてしまいます。そうなると肌が乾燥し、皮脂も過剰に出やすくなります。過剰にでる皮脂が毛穴に詰まることでニキビになりやすくなるので悪循環になってしまいます。

洗顔の際には過剰にやらずに泡立てた洗顔料でやさしく洗いましょう。日常生活でのよごれやほこりなどは洗顔料の泡で浮き上がらせて洗いながすことで除去できますので、摩擦で洗わないことが大事です。

まずは皮脂が多いTゾーンに洗顔料をつけて、その後にUゾーンにつけてケアをしていくと肌への負担が少なくケアできます。洗顔のあとにタオルで顔を拭く際にもあんまりごしごしとやらないほうがいいです。やさしく水分を取り除いていきましょう。

洗顔のあとはすぐに保湿もしましょう。セラミド配合の美容液やクリームなどを使って保湿すると効果的です。ビタミンC誘導体の化粧水もアンチエイジングの効果が高く、ニキビ跡の炎症を抑えたり、抗酸化作用が高いのでオススメです。

40代になってくると肌の水分量が減りやすくなりますので化粧品をたっぷり使ってしっかりと保湿をおこなっていくようにしましょ。ラミューテという化粧品もうるおい成分がたっぷりと配合されていますのでこういったものを活用するのがいいかもしれませんね。
↓ ↓ ↓





コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。