生活習慣の改善がニキビを治し美肌になる最適な方法!




ニキビ 生活習慣 トラブル


にきびなどのトラブルを引き起こす原因はいろいろとあります。化粧品が合わないからにきびになったと慌てて、化粧品を変える人もいますが、必ずしも化粧品が原因ではない場合もあります。体調的な不調や精神面での不調が原因となってることもあります。

たとえば、睡眠不足やストレス、偏った食事などをしてるとにきびを引き起こしやすくなります。タバコやお酒、紫外線の影響、運動不足なども悪化させる原因になるすのでまずは生活習慣を見直して体質を改善しましょう。体質を改善したうえで化粧品や普段使っているアイテムを見なおすことでにきびの原因も探しやすくなるはずです。

どういった化粧品がいいのかについては肌質などによっても異なるので断定するのは難しいです。自分でいろいろと試してみるというのもっとも確実な方法です。

様々な化粧品のブランドがトライアルセットなどを用意しているのでこういったものをいろいろと試してみるのが最適です。あとは使用量などをしっかりと守る、不明なことがあればメーカーに積極的に問い合わせてみるというのも有効です。

効果を最大限発揮するには使いかたも重要になりますのでいろいろと聞いてみましょう。ビーグレンなどはカスタマーサポートが充実していますのでこういったところのトライアルセットなどを試してみるのもいいと思います。
↓ ↓ ↓
ニキビ肌修復 サイエンスコスメb.glen


ニキビ ホルモンバランス 美肌


ほかにはホルモンバランスの影響というのも大きいです。女性の場合には年齢を重ねることによって女性ホルモンが減少していきます。30代の後半からは一気に減少するので特に注意が必要です。40歳半ばころになると更年期に入るかたも増えますが、この時期になってくるとさらにホルモンバランスが乱れやすくなります。

現在はまだ若くても、無理なダイエットをしていたり、不規則な生活をしてると閉経が早まることもあります。一般的には閉経は50歳ごろと言われていますが、早期閉経の場合には43歳未満で生理がこなくなってしまいます。生理がはやく止まることで美肌にとって重要なエストロゲンが急激に減少して肌の状態を悪化させやすくなります。

こういったことを防ぐためには生活習慣が大事になので規則正しい生活をするということが重要です。




大人にきびの原因がなんであるのかについてはいろいろと原因が複合的に重なってよくわからないこともあります。ストレスやホルモンバランス、睡眠不足などが原因になってることが多いですが、それ以外にも食生活による影響というのも大きいと言われています。

大人になって一人暮らしを始めたり、社会人になって環境が変わったりすると食生活も変わっていきその影響でにきびができやすくなります。忙しくて外食が多くなったり、ストレスで甘いモノや脂っこいものを食べ過ぎた場合もにきびができやすくなります。清涼飲料水や炭酸飲料、スナック菓子などの食べ過ぎによって糖分を過剰に摂取した場合も同様に肌の状態は悪化しやすくなります。

よくチョコレートをたべるとにきびができるといわれていますが、チョコレートは直接的な原因ではなく、間接的な原因になります。いずれにせよ砂糖の過剰摂取というのは気をつけたほうがいいといえます。血行不良による冷え性などにもなりやすくなりますし、それが睡眠不足にもつながりやすくなります。

ニキビ 食生活 美肌


体型をスリムにしたいとの理由でダイエットに挑戦する女性も多いですが、無理なダイエットもホルモンバランスを乱したり、肌の状態を悪化させてにきびができやすくなってしまいますので注意が必要です。肉や魚などを避けてる方もいますが、こういったタンパク質は肌にとって重要な栄養素になりますのでこれが不足すると肌が不調になりやすいです。

不足分をサプリで補うというのもいいと思いますが、基本は野菜などをしっかりと食べたほうがいいといえます。口からしっかりと噛んで食べたほうが栄養素の吸収はいいといわれています。あとはあまり冷たいサラダなどの生野菜を食べると身体を冷やして血行不良などになってしまうこともありますので注意が必要です。電子レンジで温めるなどして温野菜のかたちで摂取するのが理想です。

野菜を中心にして3食バランスよく食べで、スナック菓子や甘いものはなるべく控えましょう。こういった生活習慣をかえるには自分が普段無意識にしてることの可視化をすることが有効なのでノートに自分が食べたものなどを記録するのも効果的です。

積極的にとったほうが良い栄養素



・ビタミンA
→ターンオーバを調整して肌のみずみずしさを保ちやすくなります。
(緑黄色野菜、鶏レバー、うなぎ、モロヘイヤ)

・鉄分
→血行の促進、冷え性の改善
(鶏レバー、干しひじき、豚レバー、しじみ)

・ビタミンB1
→炭水化物の代謝を助けて、皮脂の過剰な分泌を抑制
(焼きノリ、豚ヒレ、豚モモ、ピーナッツ)

・ビタミンB2
→皮脂の分泌をコントロール
(豚レバー、牛レバー、うなぎ)

・食物繊維
→にきびの原因となる便秘の解消、腸内環境の正常化
(おから、大豆、納豆)




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。